目のピント調節 サプリ

目のピントを合わせるサプリとは?

老眼に効くサプリ

疲れ目に悩んでるアラフォー会社員、ちひろです。

最近、パソコンの画面から手元の書類を見ると目のピントが合わなくなってきて、すごく目が疲れるし、肩こりや頭痛も酷くなってきました。

自分的にはまだ40そこそこで初期老眼・・・ショックなんですが。

私はかなりの近眼でコンタクトをしてるので、その上から老眼鏡を使うと、かけたりはずしたりが鬱陶しくて・・・特に仕事中は使いたくありません。かといって遠近両用コンタクトに変える程でもないんです。

仕事に支障を来しつつあるので、老眼鏡以外に何かいい方法がないか?と調べてみたところ、目のピント調節に役立つ成分が配合されたサプリメントがあることがわかり、飲んでみたくなりました

老眼?目のピントが合わなくなってきた・・・

老眼

目のピントが合わない原因は?

そもそも、どうして目のピントが合わなくなってきたのでしょう。

私達の目は、眼球の周囲の毛様体筋、という筋肉を使って水晶体の厚みを変えながら、ピント調節をして物を見ているんだそう。

ところが、毛様体筋が疲れてくるとこのピント調節機能が低下し、手元が見えにくくなったり、目の痛み、かすみ、しょぼしょぼ感が起こるだけでなく、肩こり、頭痛の原因にもなるらしいんです。

調べてみると、この「毛様体筋」が疲労する主な理由には

  • スマホやパソコンを続けると毛様体筋が緊張状態を強いられゆるみにくくなる
  • その結果目元の血流も悪化する
  • 加齢により筋力が低下する

等があるそう。

更に加齢で水晶体の弾力が失われていくことも、ピント調節機能を低下させる原因。

つまり、パソコン毎日長時間やって、40歳過ぎてる私の場合は全てがあてはまっているというわけ。

毛様体筋の疲労回復にいい成分は?

ならば、この毛様体筋の疲れを軽減する成分をとれば、目のピント調節力の回復に役立ちますよね。

そこでピント調節や視力に役立つとされる成分を調べてみたところ、代表的なのは次の3つでした。

アントシアニン(ブルーベリー/ビルベリー)

ブルーベリー

ブルーベリーやビルベリーに多く含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種。

アントシアニンの摂取で毛様体筋の緊張が低下した実験結果もあり、毛様体筋をほぐし弛緩させる効果によってピント調節力が上がると考えられています。

またアントシアニンには、網膜に存在し、視覚機能にとって大切なたんぱく質「ロドプシン」の再合成を促進する働きがあるそうです。

網膜にあるロドプシンは分解と合成を繰り返していて、分解によって発生する電気信号が脳に伝わると「見える」と感じるそうです。このため、目の疲れや加齢によってこの再合成のスピードが低下すると見える機能も低下してしまう訳です。

この為、アントシアニンは目の疲労やしょぼつき、ピント調節機能低下を改善する効果が期待されているのです。

アスタキサンチン

サケ、カニ、エビ、イクラ等の魚介に含まれるカロテノイドの一種。

サケ

強力な抗酸化作用が筋肉の損傷を軽減し毛様体筋の疲労を和らげ、眼精疲労の改善や予防にも役立つ成分だといわれています。

また、実際にアスタキサンチンの摂取によりピント調整力が改善したという試験結果もあるようです。

その他にも老化を促進する活性酸素抑制、免疫力アップや美肌効果、生活習慣予防などなど、多くの働きがあり、抗酸化力は何とビタミンCの6000倍!自然界最強の抗酸化物質とも呼ばれているそう。

ルテイン

ルテインも強力な抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、私達の目の水晶体や黄斑部にも存在しています。

ルテインは、紫外線やブルーライト等の光から目を保護してくれることで有名ですが、ものを見る時に明暗や濃淡を識別する能力(輪郭や模様がハッキリ見えるかどうか、つまりピントが合うかどうかにも関係)を改善する機能も知られています。

3種類とも美容や健康に関する話題で耳にしたことがある成分だけど、目の働きにもすごく良い成分なんですね。

特にアスタキサンチンとアントシアニンは、脳と目に不要物質が血液から浸入するのを防ぐ為の「血液脳関門」「血液網膜関門」を通過できるので、直接目や脳に働きかけるというのも、興味深く、その効果を試してみたいと思います。

視力アップ成分配合の高評価サプリとは?

アントシアニン、アスタキサンチン、ルテインが含まれているサプリメントは沢山あるのですが、その中から実績やコスパ、有効成分の配合量などで私が飲んでみたいと思うサプリを選んでみました。

またそれぞれのサプリを飲んで効果を実感したという方の口コミもピックアップしてみました。

えんきん

えんきん

  • ルテイン10mg、アスタキサンチン4mg、アントシアニン(シアニジン-3-グルコシド2.3mg)配合

  • 目のサプリメントとして日本初の機能性表示食品

  • 手元のピント調節機能を助け、肩、首筋への負担を和らげると明記

  • 累計販売実績800万個突破!圧倒的な口コミ数で、目のサプリでは実績ナンバーワン

  • 初回お試しなら1日あたり33円、定価でも約72円と抜群のコスパ

えんきんの口コミ

飲んで1週間後くらいから、かなり目が楽になりました。

これだけ効果が分かるサプリは、自分のなかでとても珍しいです。

(引用元:@cosme 口コミ

最近年と共に近くの字が見づらく、焦点があいづらくなってきたので飲み始めてます。

4ヶ月くらい飲み続けていますが、クセになってた近くの字を読むとき本や雑誌を離すクセがあったけど、気づいたら離さないで近くの字が見えるようになってきました。

(引用元:@cosme 口コミ

1週間飲んでいつのまにか近くの物を見辛いという症状がほとんどなくなっていました。

これは関係あるのかわかりませんが首筋のこりがひどくて首を後ろに回すのがつらかったのが全くないんです。

まだ初めて1週間なのにこんなに効果あるのかな?でも実際見えるようになってるしと驚きです

(引用元:@cosme 口コミ

安心感とコスパの良さなら、このアイケアサプリがおすすめです。

>>【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!

めなり

めなり

目にいい成分の配合量の多さなら「めなり」に軍配が上がります。

ただし、アントシアニンの配合量が明記されていないのが残念。

  • ルテイン12mg・ゼアキサンチン2.4mg配合・アスタキサンチン1mg・ビルベリー170mg配合

  • 吸収率と持続率が高い米国特許取得ビルベリーエキスを配合

  • 2017年6月楽天ランキング・ビルベリー&ルテイン配合部門でそれぞれ第1位

  • 初回お試しは1日あたり33円、翌月以降〜定期で1日あたり107円

めなりの口コミ

目の疲れからくる肩凝りや頭痛に困っていたので、めなりを1ヶ月ほど飲んでいます。

三日坊主な自分が続けられるのは、目を酷使する前に飲んで、以前と比べて目の疲れがない!と実感したからですね。

PCやスマホなど、ブルーライトを長時間浴びる際は必需品となりました。これからも愛用していきます!

(引用元:Amazon カスタマーレビュー

夕方、目がかすむことがなくなりました。これは今後も続けていこうと思います!

(引用元:Amazon カスタマーレビュー

1年半飲んでます。2年前の健康診断では両目とも0.5だったのですが今年の健康診断で視力検査したら右1.0と左1.5になりました。徐々に見えるようになったという実感はあったのですが数値を見て驚きました。

(引用元:Amazon カスタマーレビュー

視力アップ成分の配合量が凄い!話題の高スペックサプリです。

>>日本一にこだわったブルーベリー配合アイケアサプリ【めなり】

アスタブライト

アスタブライト

アスタキサンチンの圧倒的な配合量が魅力(私が調べたところアイケアサプリの中でアスタキサンチンの配合量1でした)ですが、継続するにはコスパにやや難あり。また、こちらもめなり同様、アントシアニンの配合量は明記されていません。

  • ルテイン6r・アスタキサンチン8.1r・マキベリー100r・DHA&EPA100r配合

  • アスタキサンチンはトップクラスの配合量

  • ブルベリーの約12倍のアントシアニンを含むマキベリーを配合

  • 初回は1日あたり61円、翌月以降定期で1日あたり133円

アスタブライトの口コミ

残念ながら「アスタブライト」の口コミを@コスメ、アマゾン、楽天などでは見つけることができませんでした。

アスタキサンチンの効果を試したいのなら、このサプリがいいかも。

>>アスタブライトの詳細はこちら

 

「まずは販売実績1のピント調節サプリ「えんきん」を飲んでみたい!」

私は、この中で、まず「えんきん」を飲んでみようと思います。目にいいとされる3成分がしっかりと配合されていて、信頼性も高いファンケル製品、そして圧倒的な安さは本当に魅力的。

目のサプリはすぐに効果を感じれるものではないので、コスパは重要ですよね。

もし、えんきんを数ヶ月試してみて、あまり実感ができなければ、めなりに乗り換えようかと考えてます。

えんきんを購入!

早速ファンケルの「えんきん」を公式サイトで注文しました。

えんきんには初回限定1人1個ですが、2週間分(28粒)が1000円(税込)送料無料の超お買得なお試しサイズがあるんです。

しかも、今ならもれなく1袋おまけつきなので、4週間分で1000円という超安値でゲットできました♪

定価は税込2160円(60粒/30日分)ですから、驚きのサービス。

えんきんが到着しました!

こんな感じで到着です。ネットで注文してからすぐに届きました。

同封のパンフレット

パンフレットにはえんきんを習慣化するコツが書かれてます。確かに飲み続けるのを忘れない為にも、1日1回飲むタイミングを決めて、食事と一緒に「2粒」出しておく、のはおすすめのやり方。こうすれば飲んだか飲まないか、一目瞭然です。

パウチを開けたところ

こんな感じで入ってます。

手の平に粒を載せてる写真

すごく小さくはないけれど、大きくもなく、苦労せずに飲めるサイズです。何の苦労もなく飲み込めました。

パッケージの記載(効果・成分・機能性)

アスタキサンチン、アントシアニン(シアニジン-3-グルコシド2.3mg)、ルテインに加えてDHAも配合されています。

機能性表示食品であることも明記。

私も毎朝食後にえんきんを2粒ずつ、忘れずに飲んでみます。

目のピント調節機能が少しでも改善して、文字が読みやすくなったら♪肩こりの改善効果にも期待しています。

>>えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

老眼かな?と思ったら

私は40代前半ですが、手元のピントが合わなくなってきて、初期老眼だと気づきました。

老眼は早い人で40歳前後、一般的には45歳前後でピント調節機能が衰えて、誰でも見え方が変化してくるそう。

その後60歳〜65歳頃迄進行して、安定するんだとか。ずいぶん長い期間進行していくんですね。

老眼の始まりは、

  • 小さい字が読みづらくなった
  • 眼精疲労が悪化した

等。実際に、眼精疲労で眼科を受診して老眼と診断される人は多いんだそう。

老眼に気づいたら、スマホやパソコンの使い方を改めたり、紫外線対策をしたり、老眼鏡や目薬を使う、目にいい成分を食べ物やサプリメントで摂るなど、目を疲れさせない工夫をしながら上手につきあっていくのが大事かなと思います。

「私はまだ老眼じゃない」と思いたいけど(私もそうなので)、無理することで、眼精疲労を悪化させたり、肩こりや頭痛が更に酷くなって日常生活に支障を来すこともありえます。

誰にでも起こる現象と認めて、うまく目の健康ケアしながら対応していきたいなと思っています。